fc2ブログ

避妊手術、術後経過と子宮腺がん

DSC_2791.jpg
ばれんたいん もろた!

----
2/4
入院、手術。

2/5
退院。病理検査のお願い。

2/7
食欲、●とも不調の為、通院。注射、点滴、投薬のフルコースで大激怒。

2/8
●絶好調。
その後食欲、●共に問題なし。

2/12
病院から電話。不調だったら通院するはずだったので様子見も兼ねてかけてきてくださったようだ。
病理検査の結果を簡単に聞く。抜糸の時にお話したいことがあります、と言われる。

2/14
抜糸の為通院。
病理検査の結果を聞く。

検査の結果、子宮についていた腫瘍のようなものは悪性腫瘍で「子宮腺がん」であったことがわかりました。
腫瘍とそうでないところの境界が非常に明確であり、あちこちに散らばっていなかった為、綺麗に摘出は出来たそうです。
しかし、既に血液中にがん細胞が転移している可能性もあり、今後1,2年の間に肺や骨に転移する可能性もあるとのこと…。

至急レントゲンをとり、骨や肺を見て頂きましたが「とても綺麗です」と言っていただけました。
血液の数値も異常がないので、いまのところは大丈夫なようです。


普通なら、4,5歳のうさぎさんなら子宮腺がんは珍しいものではないそうです。
しかしもちゃはまだ「もうすぐ3歳、」と言う若いうさぎ。
先生も「この年齢で見つかるのはとても珍しい」と仰ってました。
そして、このタイミングで避妊手術をして、がんが摘出出来たことはとてもよかった、とも。

うさぎの子宮腺がんに対する治療は、避妊手術しかほぼないと言われているそうです。
その治療を終えてしまっている今、これ以上出来ることは抗がん剤の投薬。
しかしその抗がん剤は犬のものしかなく、お話を聞く限りでは、うさぎには抗がん効果よりも、副作用の方が大きいように感じました…。

効くかもわからない、副作用がとてもしんどいとわかっている抗がん剤を3か月に一回注射されるよりは、ストレスを感じない環境でたくさんのびのびさせてあげたいなあ…と今は思っています。
その時が来て、またどう思うかはわからないですけど。

もう一つショックなことがありました。
今回お世話になった先生が、5月には独立開業してしまう為、遠方に行かれてしまうとのこと。
もし近くなら、転院してお世話になろうかなーと思っていたのに、県名を聞いて「あらー…それは遠いですね」と言ってしまう距離でした。しょんぼり。

術後だいぶご機嫌の悪かったもちゃこは、抜糸して体が軽くなったのか?今朝は前までと同じようにリビングを駆け回ってオヤツをねだってくるようになりました。
可愛いこの子と少しでも長く一緒にいられますように…
今はそれを願うばかりです。

テーマ : うさぎ ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

もちゃちゃんががんになりませんように。
ず~っと健康で元気にいられますように。
心からお祈りしています。

No title

もちゃ手術がんばったね!
これからも今までのように、パパさんママさんと一緒に元気に暮らせますように・・・

Re: No title

>nonaさん
ありがとうございますv-406
ずーっと元気でいてくれるようにわたしもがんばります!

>いぬこさん
ありがとなーv-406
またいっぱいナデナデしにきて…
プロフィール

mocha0406

Author:mocha0406
2009年4月6日生まれ、ホーランドロップの女の子ウサギ「もちゃ」です。2014年7月3日にお月様に帰りました。

にほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ここはもちゃ専用です。飼い主の日常blogはコチラ→さくらびより


最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる